占有

くしゃみに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギー源である花粉の飛び散る量に比例するかのように酷くなってしまう特性があると言われています。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、全身の脂肪が占有する比重のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式によって弾きだせます。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の値によって診れますが、特にここ数年肝機能が充分ではない日本人が明らかに増加傾向にあるということが注目されています。
高血圧(hypertension)が長く続くと、全身の血管に重いダメージが与えられ、体中至る所の色んな血管に障害がもたらされて、合併症を起こす率が大きくなると言われています。
患者が増えつつある逆流性食道炎は、数日きちんと服薬すれば、大体、9割近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、とはいえ食道の粘膜の炎症そのものが引いたとは言い切れないので気を付けましょう。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・腹下しに見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は凄まじい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度以上の高熱も出るのが違いだといえます。
耳の内部の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類することができますが、この中耳のところにばい菌やウィルスなどが付着し、炎症が発症したり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼んでいます。
ブラッシングで、患者さんがセラピーアニマルをとても愛おしく思った場合に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを軽減したり精神の癒しなどに繋がっていくのです。
一見すると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「排除しなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言うと、私たち人は多少のストレスを感知しているからこそ、生活し続けることが可能になるのです。
今時のオペ室には、御手洗や専用の器械室、準備室を用意し、手術中に患者を撮影できるX線装置を付けるか、近距離にその専門室を併設しておくのが普通だ。
汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足裏、指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が現れる症状で、大抵はあせもと言われており、足裏に出ると足水虫と混同されることも多くあります。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコールの習慣・肥満等のライフスタイルの変化、ストレスなどにより、殊に日本人に多いという病気だということができます。
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ作用が格段に有名だと思いますが、これ以外にも美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが言われています。
基礎代謝量というものは就寝中ではない状態で命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持等)のに要る理論上の最低限のエネルギー消費量の事を指しているのです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓が持っている解毒酵素の自然な発生を促しているのではないかという可能性が判明してきたのです。