アミノ酸

ほとんどの場合は水虫といえば足を連想し、こと足指の間に発症する病気だという認識が広まっていますが、白癬菌にかかるのは足だけではないので、全身どこにでも感染してしまう危険性があります。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や能動喫煙・アルコールの習慣・脂肪過多等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁り、最近、日本人に多く発生している病気だといえます。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異をもたらすような人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の働きを促す力が確認されています。
肝臓を健康に保持するためには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにする、とどのつまり、肝臓の老化対策をコツコツと実践することが効果的だと考えられます。
急に発症する急性腸炎は、大多数が腹痛・悪心・腹下しに見舞われる程度ですがバイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高い発熱が相違点だといえます。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」と「冠動脈大動脈バイパス手術」という両者の技術が一般的に活用されています。
音楽の公演の場内やダンス広場などに備えられている特別仕様の大型スピーカーの真ん前で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性聴器障害」と言うのです。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出された量に追従するかのように悪くなるというデータがあるとのことです。
「肝機能の低下」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)などの数値によって診ることができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が悪化している人達が明らかに増加していると報じられています。
吐血と喀血、両方とも口からの出血に違いはありませんが、喀血は咽頭から肺に続く気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことであり、吐血とは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から血が出る病状を示しているのです。
万が一婦人科の検査で残念ながらエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくてPOFだと判明した場合は、不足している女性ホルモンを補う治療方法で良くなります。
「常に時間に追われている」「うっとうしい様々なお付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーや情報の進化になかなか追いつけない」など、ストレスが溜まる状況は人によって違います。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓に存在している解毒酵素自体の創造活動を助けているのではないかという新たな可能性がわかりました。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に関わっている様々な酵素や、細胞や組織などの代謝に深く関係している酵素など、200種類以上もの酵素を構成する成分として非常に大切なミネラルの一種です。
鍼灸用のはりを患部に刺す、というフィジカルな無数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと称される要は電気信号の伝達を発生させるという考えが浸透しています。