占有

くしゃみに鼻みず、鼻づまりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギー源である花粉の飛び散る量に比例するかのように酷くなってしまう特性があると言われています。 「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、全身の脂肪が占有する比重のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式によって弾きだせます。

Read more

アミノ酸

ほとんどの場合は水虫といえば足を連想し、こと足指の間に発症する病気だという認識が広まっていますが、白癬菌にかかるのは足だけではないので、全身どこにでも感染してしまう危険性があります。 むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化や能動喫煙・アルコールの習慣・脂肪過多等の生活習慣の質の低下、ストレスなどに縁り、最近、日本人に多く発生している病気だといえます。 3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異をもたらすような人体に対する有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の働きを促す力が確認されています。

Read more

処置

明るくない所だと光量が足りなくてものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、目の水晶体のピントを合わせるのに不必要なパワーが使われてしまい、光の入る所で物を見るより疲れやすくなるのです。 もし血液検査で残念ながら卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(early menopause)だと判明したら、基準値に満たない女性ホルモンを足してあげる処置方法で治せます。 バイキンやウィルスなどの病気を発生させる微生物(病原体)が肺へ忍び入り伝染してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こした病状を「肺炎」と呼ぶのです。 吐血と喀血は両方とも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは咽頭から肺をつなぐ気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことで、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管から出血する症状のことを指します。

Read more

遺伝情報

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特性があるためオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌に良くない影響を与えることが明らかになっています。 栄養バランスの取れた食事を1日3回とることや体を動かすことは言わずもがな、身体の健康やビューティーを目的として、欲しい栄養を補うために複数のサプリメントを摂る事が珍しくなくなっているそうです。

Read more